講習・試験

【最適解はこれ!】船舶免許を国家試験免除で取得する場合のメリット・デメリット

船舶免許を国家試験免除で取得する場合のメリット・デメリット
ヤマモト

こんにちは!編集部のヤマモトです

船舶免許をとるぞー!ってなった時、国家試験を受験 or 国家試験免除どちらの方法で取得するか迷いませんでした?

名前だけ見ると、国家試験免除だと

「試験受けなくてもいいんだ!ラッキー!」

って思いますよね。。笑

そんな方に向けて今回は国家試験を受験する or 国家試験免除どちらがいいのかメリット・デメリットを解説していきます!

結論から言いますと、国家試験を受験して免許取得するのが良いと思います!
(理由は後ほど記載します^^)

国家試験免除とは?

国家試験免除とは?

国家試験免除とは自動車学校で免許取得する場合と同じようなシステムで、
国家試験(学科試験と実技試験)免除で免許が交付されるコースのことです。

「国家試験免除」は 国土交通省から認定を受けた教習所に限られ、
学科・実技の国家試験が免除されるので受講者は法令で定められたカリキュラムを修了し、
修了審査に合格すれば免許が取得できます。

国家試験に代わって修了試験等はありますが、学科・実技の講習後にその場ですぐに修了審査を受ける事ができるので、移動の手間がなく、短期間でしかも確実に免許取得が可能です。
修了審査に合格すれば後は免許証が届くのを待つだけです。

これだけではわからないと思うので、詳しく解説していきます!

国家試験免除の場合の学科講習

国家試験免除の場合の学科講習

国家試験免除の場合の学科講習は自動車学校のように法律に定められた時間数の教習を「教員」によって行われます。

講習の時間は取得する免許の種類によって異なりますので、注意してください。

  • 1級小型船舶免許:学科24時間
  • 2級小型船舶免許:学科12時間
  • 特殊小型船舶免許:学科 6時間

メリット

  • しっかりと講習を受けることで、十分な知識を得ることができる
  • 十分な時間学習できるため試験が容易に感じる

デメリット

  • 教習の時間が長い
    (人によっては2〜3時間で十分な学習量)

国家試験免除の場合の学科講習では、種類によって上記の時間の講習と
それに準じた試験等を受けなければならないので、
私が思うに学科講習の場合は国家試験を受けたほうが楽じゃないかと思います。

国家試験免除とは書いてありますが、試験等が全くないわけではないので、注意が必要です

学科教習終了後、直ぐに審査が受けられる

国家試験免除の場合の実技講習

国家試験免除の場合の実技講習

法律に定められた時間の教習を「教員」が行います。

  • 1級小型船舶免許:実技4時間
  • 2級小型船舶免許:実技4時間
  • 特殊小型船舶免許:実技1時間30分

メリット

  • 教習と同じボート同じ場所で審査が受けれる
  • 教習終了後に受けれるため、操船の感覚を忘れないうちに審査ができる

デメリット

  • 特になし
    (講習自体は一緒のため)

実技講習の内容に関しては、特に違いはありません。

国家試験を受験する・しないに関わらず、同じ時間の講習を受ける必要があります。

しかし、メリットでも挙げたように国家試験免除の場合は講習が終了後すぐに試験等を受けられます。

操船の感覚を忘れないうちに受験できるのは大きなアドバンテージだと思います。

ポイント

  • 講習終了後、すぐに審査が受けられる
  • 国家試験を受験する場合でも、実技講習の時間は変わらない

国家試験免除の特徴

国家試験免除の特徴

国家試験免除での一番大きな違いとしては、学科講習の受講時間になるでしょう。

学科講習のところで解説したように、船舶免許の種類によって違いが出てきますが、国家試験免除を受けるためには規定されている時間の講習を受講する必要があります。

その後に修了試験等を受けて、その試験に合格することができると小型船舶免許を手に入れることが出来ます。

もし、この修了試験等が不合格であった場合でも、補習などを受けることで再度修了試験等を受けることができるでしょう。

しかし、この補習については、教習所によっては無料であったり追加費用がかかってしまったりするので、受講前によく調べておきましょう。

また、国家試験免除のコースはどこの教習所でもやっているというわけでもなく、国土交通省認定の「国土交通省登録小型船舶教習所」でなければ、国家試験免除のコースで受けることが出来ません。

教習所を選ぶ際はその教習所が国土交通省の認定を受けているかどうかを確認するようにしましょう。

まとめ

まとめ

船舶免許を取得する際に国家試験を免除する場合のメリット・デメリットはご理解いただけましたでしょうか?

国家試験免除と聞くと一見楽そうに見えますが、船舶免許に限っては費用が数万円高くなる割にあまり変わらないような気がします。

私は国家試験を受験して船舶免許を取得したのですが、学科・実技の両試験とも難しくは感じませんでした。

もちろん、国家試験を受験する・しないに関わらずしっかりと勉強することは必要です。笑

ここまで、国家試験を受験する方を推し進めてきましたが、

最短で免許を取りたい!」「来月までに船舶免許が必要なんだ!

少ないとは思いますが、このような方は間違いなく国家試験免除コースで取得する方が良いと思います。

船舶免許の取得を考えるときに、一度は悩む選択ですが、そんな方にこの記事が参考になれば嬉しいです!

ここまでお読みいただきありがとうございました!

-講習・試験